補助金の最近のブログ記事

 今日パートさんと大学での講義の話から、最近の学生が書くレポートの品質が相当落ちてきているという話題になって、そこから言葉の教育にまで持論を展開することに。

 自分のことを振り返ってみて、学生時代の文章がうまかったとは思いませんが、それでも毎週の実験レポートがあったものですから、最低限の書き方は勉強したつもりです。で今の学生はというと、はっきり言って読めないんです。努力してでも読もうとする気力が失せる文章が多いんです。
 ただ、これは彼らの努力不足だけでなく、小中高での教育にも問題があると思います。聞くところによると、最近の学校では長文を書かせることが少ないらしい。だったら書けるわけがない。書く術をしらないんですから。

 その端的なものがいわゆるケータイ小説です。私はあれは小説とは思ってません。何回かチャレンジしてみたのですが、どうしても理解出来ないんです。感性が違うと言われればそうなんでしょうけど。これは正しい書法を勉強していない、身についていないからじゃないかと思ってます。
 極端な考えだとは思いますが、マークシートで結果としての答えを見つけるだけの勉強をしているからだと。口頭でも説明ができないんですから、如何ともしがたい。

 と常々思っていたのですが、新聞では大学入試にTOEFLを取り入れるとか入れないとかという記事がありました。まあTOEICよりはねぇ、TOEFLのほうがましだとは思いますが、どうなんでしょうか・・。
 先ずは自分の意見、考えを日本語で正しく伝えられることのほうが先なんじゃないかと思うのですよ。もう少し極論を言うと、会話よりも読み書きのほうが重要なんじゃないでしょうか。インターネットで世界の情報が飛び交っているのですが、その大半が英語で書かれています。その書かれている内容が分からないから、有益な情報とも思えずに知らないまま過ごしていく。これが一番問題だと思うんですよね。
 私もそれほど英語が上手というものではありませんが、多少は読めますし、特にコンピュータ関連はどうしても英語の文章を読まないと解決できないことがままあります。もっと突っ込んで聞きたいときには、英語で質問することになります。別に無理して会話を重要視することもないんじゃないかと。

 英文を理解するときには、やはり母国語である日本語がきちんと出来なければ、理解出来ないと思っています。もっと言うと日本語を使って自分の思考をきちんと表現できなければ、英文の内容が掴めないはずだと思うのです。

 だからといって会話を無視するということではありませんし、会話の重要性も理解しています。でも多少発音がおかしくてもなんとかなります。外国人がつたない日本語を使っても最低限の意味は通じるんですから。耳を慣らすのであれば、海外に行って日本語が通じないところで過ごすほうがよほど勉強になります。

 とまあ、ちょっと持論をむりやり展開して後で反省したところもあるのですが、これはここ数日補助金の申請書を書いていたからなのかも知れません。
 ものづくり補助金、結構間口が広いとの噂が飛んでいますからね。なんとか昨日・今日で2社の申請書がそれなりのものになったと思っています。この手の申請書は審査員が理解出来る文章になっていないと採択されません。まずは日本人に通じる日本語が書けるようにするのが先だと思うのですが・・・、どうなんでしょうか。

 締切が近づいてきましたね。
 私のほうでも、3・4社ほど相談がありました。早くから準備されていたところは大丈夫なのですが、明日明後日に初めて相談に入るところは時間的に間に合わないかも知れません。

 一応、2次募集もありそうなので、そちらも考慮したほうが良いかもしれません。
 昨日はある会社の申請書を見ていたこともあって、今日はとても疲れています。がこの後Ustream中継の実験を現地に行ってやってきますので、疲れたと言っていてはいけませんね。

 どうしても締切に間に合わせたい社長さん、死に物狂いでやって下さいね。
(愛知県は中央会のページを見て下さい)

 とある会社から「研究開発関連の補助金について調べて」と言われてて、たまたま見つけたのが愛知県の「新あいち創造研究開発補助金」です。

 通常、愛知県レベルだと補助金上限が数百万なのですが、この補助金は上限が1億円!で桁が違います。ただ対象事業者が県内の事業者になっていて企業規模には関係ありません。中小企業限定ではないから上限が高くなっているんでしょう。ただし補助率が中小企業の場合とそれ以外では異なっています。

 ちょっとユニークかな!?と思うのが「産産連携」。自動車関連産業関連が対象なのですが、複数の企業での共同研究開発に対して補助するものです。個人的には自動車関連だけでなくもう少し幅広くしてくれるといいなと思うのですが、産学連携ではないところがいいなと思いました。

 ちなみに詳しいことは愛知県のホームページ(http://www.pref.aichi.jp/sanro/taxreductionfund/)に掲載されていますので、そちらをご覧下さい。

 この補助金、依頼があった企業は対象の範囲としてはちょっと難しいかなと思っています。でも新製品・新サービスを作りだそうと考えている企業は応援したいですね。

 今日から師走。いよいよ年末が見え始めてきました。年内に片付けないといけないことが山積しているのですが、どうなることやら・・・。

 そんな暗い気分を吹き飛ばして、とても嬉しいニュースが飛び込んできました。中小企業支援ネットワーク強化事業で私がお手伝いさせて頂いている「アカマツコートテック株式会社」が、あいち中小企業円高対応支援基金助成金に見事採択されたんです。
 この助成金は昨今の円高で苦しんでいる中小企業に対して500万円以下で2/3補助するもので、「製品の高付加価値化、新商品開発、販路開拓などの新事業展開」のためのものです。

 募集要領には、審査委員会の審査にて申請者に出席いただく場合があります」とか、また必要に応じて現地調査を行う場合がありますとあったので、書類審査のあとに呼び出しがあるんだろうなと思ってました。国の補助金はそういうのが多いんです。
 で、何も音沙汰がなかったので「こりゃダメだったかなぁ」と思っていたのですが、なんと採択事業一覧表にその会社の名前があるんです。本当は昨日発表だったのですが、見逃してました。今日出勤してから思い出してあいち産業振興機構のページを確認したのでした。

 国や地方自治体が公募する書類は、あまり接する機会がない中小企業にとっては、かなり書きづらい書式になっています。それもあって、私のほうでかなり手を入れたのでした。その甲斐があったのかなかったのか判りませんが、本当によかったなと。

 これまでいくつか補助金申請のお手伝いをさせてもらいました。5割まではいきませんが、まあまあの確率で採択されています。これからもこんなお手伝いができると嬉しいですね。

 痛いニュースに『パソコン用「木ーボード」、8万9250円...木の質感が好評。注文から3カ月待ち』というエントリーがあり、その「木香屋」のサイトを見てみました。

 商品自体は味わいのあるものだと思ったんですが、価格が9万円弱というのはちょっとなぁ。さすがに購入する気持ちになりません。この1/3でもっと人間工学的に優れたキーボードが買えますから。
 この商品の価値は「木の味わい」だと思います。そこに8万円以上の価値を見出すことができるかということなんですが、痛いニュースでの反応を見ると、なかなか難しいでしょうね。実際発売以来5年で300台販売したということは、1年間に100台も出ていないということですから、それほど需要があるとは思えません。

 この「木香屋」というサイトを見ると、キーボード以外は結構よさそうな商品が出ているんですよねぇ。そちらは単価が1万円を上回るようなものはありませんし、数千円だったら買ってみようかと思わせる商品です。キーボード自体を「話題性」を重きを置いているんでしたら、なにも問題ないんですが、本当に売りたいのであれば、価格をなんとかしないといけないと思います。
 手間暇掛けたものですから、原価計算すれば高くなるのはよく理解できるのですが、そこまで原価を高くしないと製造できないほうが問題だと思います。これが「職人気質」が見えるところで、こうなると安くすることをいくら話してもなんともならないところですからね。

 1台1万円だったら、年間100台なんて言わずにもっと高い目標を設定できるはずです。そうすると地域資源や農商工連携の補助金も利用できると思います。もったいないなぁと思った商品でした。

 勉強不足がもろに出てしまいましたが、今日商工会議所で物作り補助金が形を変えて存続することを教えてもらいました。そのソースは日刊工業新聞の記事です。来年度は委託金になるようですから、全額補助になるかも知れません。補助金よりおいしくなるかも知れません。が競争率は今年と同じくらいになり、レベルアップされると思いますので、中小企業でも比較的規模が大きいところが採択されそうな気がします。

 形を変えて(補助金→委託金)総額が多くなったということは、今回の事業仕分けって一体何の意味があったんでしょうね。

2013年4月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

アーカイブ

お気に入りリンク

OpenID対応しています OpenIDについて

人気ブログランキング

最近のコメント

最近のトラックバック

Techonrati

Technorati search

» リンクしているブログ