海外旅行の最近のブログ記事

上海2日目

| コメント(0) | トラックバック(0)  

 昨日に引き続き、上海からです。

 今日は朝から裁判所を見学してから上海のベスト3に入る法律事務所と、午後から浦東地区にある日系企業を訪問してきました。それぞれのところでいろんな刺激を受けたのですが、ここでそれを公表するにはちょっとまずいこともありますので、詳しくは述べませんが、中国を敵と見るかパートナーと見るかは日本の考えひとつなんだということを実感しました。過剰に評価してもいけないし、過小評価して見下してもだめだと。

 ただ、ネット環境は日本のほうが断然にいいですね。中国では twitter と facebook は通常の方法ではつながりませんし、相も変わらずホテルは有料だし。日本では信じられないくらいです。その代わりと言っては語弊があるかもしれませんが、中国のサイトはつながりやすい・・・って国内ですから当たり前っちゃ当たり前なんですが。

 今日は夕食後外灘に出かけてきました。
IMGP7285.jpg
IMGP7286.jpg

 これはバスの中から万博跡地を撮影したものです。
IMGP7262.jpg

 昨日、セントレアから上海にやってきました。今回は弁護士で診断士でもある片岡先生の企画で、主に法律関連のところへの訪問なのですが、企業にも訪問するということで、ご一緒させてもらいました。

 数年前まではよく訪れていた上海なのですが、もう今浦島の気分です。まず最初に驚いたのが、空港からのアクセス。ホテルが南京路のすぐそばにあるので、チェックイン後すぐに歩いてみたのですが、私がよく来ていたときと店舗がすっかり変わっていました。ブランドショップが増え、昔ながらのお店はすっかり姿を消していました。
 全体的にデジタルサイネージ、電光掲示板が多くなっています。判りやすいでしょうけど、ちょっとやりすぎかな?とも思えます。

 ホテルは、部屋での使用はあいかわらず有料なのですが、ロビーでは無料のwifi環境を提供しています。いつも使っている #x06ht もそこでは問題なく使えます。が今回なんと電源用USBケーブルを忘れてきてしまって充電ができません。ってことで使うことを躊躇しています。
 電話は前に使っていたNokiaを持ってきていますので、大丈夫なのですが。

 今日は午前中に人民法院(日本で言う裁判所)を、午後からは日系企業を訪問します。結構長い1日になりそうです。

IMGP7146.jpg
IMGP7162.jpg
IMGP7171.jpg

 昨年は3日間で故宮博物館を中心に、本当に観光だったのですが、今回は現地の人がガイドについてくれたおかげで、日本ブランドの強さを垣間見た気がします。
その1 ダイソー
 台北駅そばのシーザーズ・タイペイというホテルに泊まったのですが、その横にはダイソーがはいっていました。2日目に入ってみたのですが、品揃えは日本と変わりません。そのまま輸入しているようです。ただし、値段は35元。レートはおおよそ3.3ですから、115.5円。若干日本より高めになっています。ここは若者中心だそうで、陳列も日本よりスマートな感じがしました。
 現地の人(ガイドさんじゃない)に聞いたら、「台湾のものより、高め。でも日本製品だったら安いから」とのことでした。レジ袋は有料で、小さいものが1元、大きいものが3元となっています。ここで1つ買い物したのですが、店員がそのことを説明していたのですが、こっちは判らないから、ポカ~ん。店員が袋に詰めようとしたときに、「あっ、袋は要らない」と言って、ようやくレジ袋が有料だということが、判ったのでした。
その2 7・11
 本当に多かった。中心部(といっても結構広いです)だとちょっと歩いたら、すぐに見つかります。ここも品揃えは日本と変わりません。おでんもしっかり売っていました。弁当もカロリーを表示しています。そのせいか、現地法人がやっているようなコンビニはまったく見かけませんでした。あとファミマも進出しているのですが、数が断然違います。高雄に向かうときガイドさんが朝食としてパンとゆで卵を買っていました。このゆで卵、日本のとはちょっと違います。お茶みたいなものでゆでているんですね。朝飯を貰うのはちょっと気が引けたので食べませんでしたが、今度行ったときには買ってみようかと思います。
 ちなみに売上No1は台北駅の中にある店だそうです。台湾の人は朝食を自宅では食べません。そこで、通勤や通学途中にあるコンビニを利用するとのことで、売上No1は納得です。結構狭いスペースなんですけどね。
その3 日本食
 ダイソーが入っている建物の3階にはペッパーランチと知多家がありました。またホテルの2階には和民が入っています。ホテルのB1にはラーメン屋や日本料理の定食屋にカレー屋が入っています。2日目の夜は和民に入りました。さすがにメニューは日本のものとは違いますが、味は日本そのものです。現地の人の口に合うように、手を加えているような感じは全くありませんでした。和民って一応「居食屋」と銘打っていますが、私の感覚では「居酒屋」です。だからアルコールのメニューも豊富なのですが、こちらはあまりなく、日本風レストランのみたいに思っているようです。そのせいか、回転が速い。私たちは居酒屋のつもりで飲んで食べてと1時間以上いたのですが、両隣のテーブルは客が入れ替わっていました。

 基本的に「日本製はいい」という感覚ですね。親日家も多いし、日本語もかなり通じます。中国本土とはまったく違います。こういうファンがいる国ともっと親交を深めることって大切なんじゃないかと思いました。

台湾新幹線

| コメント(3) | トラックバック(0)  

 今日(あっ、もう昨日だ)は台湾の新幹線を利用して高雄に行ってきました。

CIMG0088.jpg
 中はほとんど日本の新幹線と同じです。トイレの横にあるはずの洗面所は自販機がおいてありましたが。
 車窓から見る景色もあまり日本と変わらないような気がしました。これが中国本土だったら、もっと違っているんですが。

台北2日目

| コメント(0) | トラックバック(0)  

 今日は午前中に中正紀念堂に出掛け、午後は北投温泉から淡水を回ってきました。
IMGP5193.jpg
 上の写真が中正紀念堂の正面からの写真です。下が淡水からの夕日です。
IMGP5246.jpg

 今使っている携帯は海外での使用ができないもので、いつもは前に使っていたnokiaを持っていくのですが、今回温泉で足湯に入ろうとしたときに、なんと水没。慌てて拾ってバッテリーを抜いたのですが、ホテルに戻って恐る恐るバッテリーを入れてみました。電源は問題なく入るのですが、キーボード部分が死んでいるようでした。まあ、日本では大きな問題ではないからと、空元気を出しています。

 夕食はホテルの2階にある和民に。ちょっと客層が違います。メニューは日本と一緒なんですけどねぇ。また居酒屋ではなく、「居食屋」となっていました。だから、食事メインで回転が早い。私たちがダラダラと飲み食いしている間に両隣の客は入れ替わっていました。でも味は日本とまったく一緒というか、食材をそのまま輸入しているような感じがしました。
 また、午前中にダイソーと無印良品にも入ったのですが、これも日本そのままです。ダイソーは日本のディスプレイよりかなり整理整頓されていると言ってもいいくらいです。

 明日は高雄に行きます。台湾の新幹線に乗ることになります。ちょっとわくわくしています。

 昨日、いろんな仕事を降りきって!?、台湾にやってきました。昨年の印象がよかったものですからね。
IMGP5123.jpg
 この写真は龍山寺です。今回訪れたときは参拝者の多くが読経していました。非常に信心深い光景でしたね。このあと、西門町に移動し、台北の原宿!?を堪能しました。

 今回は現地の人にアテンドしてもらってますので、非常に楽!!。

 さて、今日は午前中は中正紀念堂を見て、午後から淡水に出かけるつもりです。
 おじさん3人の珍道中、どうなりますでしょうか、非常に楽しみです。

牛肉麺

| コメント(0) | トラックバック(0)  

 もう1日、台湾旅行で引っ張ります。

 3日目のお昼は三越のデパ地下で取ることに。行く前からラーメンが結構いけると、ガイドブックにあったのでチャレンジしてみようと思っていたんです。
 実は2日目のお昼も故宮博物館に隣接しているレストランで海鮮ラーメンを食べていました。細麺でスープもしっかりしていて、これだったら日本人でも大丈夫と思ったんですね。で、食べてみたかった肉麺、今回は牛肉麺を注文しました。フードコートは現地の人がたくさん食べていますので、現地の人に合った味なんでしょう。でもうまくなかったですね。私たちが普段使わない香辛料が入っているようです。多分八角かなんかでしょう。

 やはりラーメンはスープが大切です。これが合わないとうまく感じませんね。麺の腰についてはそれほど期待していなかったものですから、こんなもんだと思っていたんですが。肉自体にも若干変わった味が付いていました。でも食べられないということはありません。

 まあ180元ですし、それほど文句をつけるようなものではないんですけどね。

simgp4286.jpg

 サイドメニューについている小魚とピーナッツ、これは結構いけました。おせち料理に出るたつくりみたいな味です。それに落花生が一緒になっているような。

 Nokiaの携帯のメディアはminiSDでして、事務所にあるメモリリーダは対応していません。シャープの携帯はmicroSDということで、これもまた読めない。ってことで夕方それらに対応しているリーダを買ってきました。miniSDはアダプタ別売というのが大半で、対応しているものを選ぶのに苦労しました。

 ということで、携帯で撮影したものからアップしていきます。2日目(29日)は故宮博物館から台北101を回ったというのは前に書いたのですが、夜はガイドが勧める店に行って来ました。県(正式には旧字体)極というところで、海鮮料理の店です。フカヒレスープ、アワビのステーキ、伊勢エビのムニエル(??)のコースで1880元(サービス料別)でした。アワビのステーキは写真を撮るのを忘れたのですが、フカヒレと伊勢エビは一応撮影。3枚目はデザートのフルーツとマンゴープリンです。
 アワビは旨かったですねぇ。歯ごたえはあるのですが、柔らかいしうまい!!。日本でこのメニューでコースを頼むと1万円以上するんじゃないでしょうか。非常に満足しました。

20090329093.jpg

20090329094.jpg

20090329097.jpg

回来家

| コメント(0) | トラックバック(0)  

 3日間の台湾旅行、ようやく帰ってきました。
 最終日は出かける予定だった市場が月曜日が休みということが直前にわかったために、大慌て!。じゃあデパートでも行こうかと思ったのですが、開店時刻が11時ということであちゃちゃちゃちゃ・・・ということが続いてしまいました。
 まあ、いろいろありましたがなんとか無事戻ってくることができました。

 旅行先としての「台湾」はなかなか面白いですね。今回は初めてということでさわりしか見なかったのですが、路地裏などを垣間見てみるとなんとなくディープなところもあるみたいです。とはいえ、仕事が絡まないと行きづらいですね。
 また、今回は本当に(笑)健全旅行だったものですから、3万円ほど両替したのですが、それを使い切って終わりました。本土だとカラオケなどに出掛けるものですから、もっと使ってしまうんですね。台湾の物価を考えるともっと使うのかなとも思っていたんですが、予想外に安くあがったと思います。3万円のうちその半分が現地で買った水晶の腕輪。水晶の腕輪は今回のメンバー内では話題になっているもので、その一人からその腕輪をしていると「濡れ手に粟」みたいに儲かる(かもしれない)ということ。濡れ手に粟とまではいかないにしても、もう少し順調に仕事が増えるといいんですが。

 写真をかなり撮影しているのですが、直接自宅に戻りましたので明日以降に写真をアップしていこうかなと思っています。

 今日は台湾旅行の中日、故宮博物館をメインにスケジュールを組んでいたのですが、お昼で終わった(というより飽きたともいえますが)ので昼からは台北101に言ってきました。ここにある商業施設はもう日本とまったくと言っていいほど違いがありません。
 で、世界一高いビルの最上階にものぼってきました。天気がよければよかったんですけどねぇ。雨は降らないまでも、厚い雲に覆われていましたのが残念です。
 夕食はふかひれスープ、アワビのステーキと非常に豪華なものになりました。1880TW$、日本円で6,000円という非常にリーズナブルです。結構この台湾旅行ではおいしいものを食べています。携帯で写真を撮ったのですが、なんとSDカードがうまく取り出せない・・・ということで、帰ってきてからアップする予定です。

 ではでは

2012年5月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アーカイブ

お気に入りリンク

OpenID対応しています OpenIDについて

人気ブログランキング

最近のコメント

最近のトラックバック

Techonrati

Technorati search

» リンクしているブログ