ニュースの最近のブログ記事

 ひさびさに「痛いニュース」からなんですが、『防衛省が開発した「空飛ぶ球体」がすごいと話題に』というエントリーを見つけました。
 エントリーでは、TV東京で放映されているWBSの「トレタマ」を紹介しています。

 もともとは『技本「防衛技術シンポ」 将来ビジョンが目白押し 初の「球形飛行体」も登場』にあるように昨年の11月に発表されているようです。

 いや~、動画を見たら、欲しくなってしまいますね。ほとんどの部品は秋葉原で購入したとのことで、制作費用も11万円とのこと。防衛省の技術本部では「ガンダムを作る」ことも考えているとの噂もありますが、これは「ハロ」みたいなものに当たるんでしょうか!?。

 これも兵器開発の1つになりますが、民間仕様もあって良いのではないかとも思いますね。もう少し小さくなるのであれば、玄関外に取り付けておきます。普段はカメラを活かしておいて、自動的に犯人や不審者を追いかけるといったことも考えられるのではないかと。ということは、警備会社と連携すればかなり実用的なものが出来そうな気がします。

 兵器開発なのですが、なんだかわくわくしてしまうのは何故なんでしょうね。海外在住の一部マニアは、お台場や静岡においてあったガンダムは、本当に動くと思っていると勘違いしているとかいないとか。 その期待に応えられるといいななんて思うのは不謹慎でしょうかね!?

 ITmediaで『Webブラウザのアドレスバーは不要? Chrome最新版きっかけに議論』と言う記事を見つけました。
 現在表示されているwebページのアドレス=URIを表示しているところが消えれば、少なくともその分だけはページを表示するエリアが広くなりますから、そのほうが良いという意見も判らないではないなと思います。

 がフィッシングサイトのことを考えると、URIを表示することは、セキュリティを考えるならものすごく重要なことです。だから議論になっているということになるわけです。
 私は現状としては表示は必要だと思っています。表示されていないと怖くてしょうがないですし、私の癖でブックマークに登録せずに、直接URIを入力することもよくあるので、表示されていないとどこが間違っているかが判らなくなりますから。

 それでも今後は表示されない方向に向かうんじゃないだろうかとも思っています。一般の人にはURIを気にしていません。とにかくwebページを見ることが出来ればいいのです。カーラジオを考えてみましょう。昔はダイヤルを回してチューニングしていましたが、運転中にそんな操作をするのは危険ということもあって、プリセットとなりボタンを押すだけで選局できるようになりました。この時点でどのラジオ局がどの周波数なのかという情報は不要になってしまったのです。そしてプリセットをするときにも自動的にサーチして選局することができるようになりましたから、一層周波数は関係なくなってしまいました。
 それと同じようなことがwebブラウザでも起こりつつあるんじゃないでしょうか。

 とはいえ、やはりセキュリティを考えると表示されないのは怖いですよね。この記事に関するツイートに、閲覧回数をチェックしてたびたび訪問するサイトであれば表示しなければいいんじゃないかと書いてあるのがありました。
 私はこの意見になるほどなと思いました。これにブックマークをも加味して、例えば「ブックマークに登録してあり、かつ一定の訪問回数があるものだけを表示しない」のであれば、私のようなものにも安心できるんじゃないかと。

 商品・サービスにはライフサイクルがあって、生まれたてのものはマニアのみ知るものであるのです。これが市場に浸透してくると一般の人たちも使うようになります。このとき、マニアのように知識が十分あるのとは違って、あまり知識がない人たちが利用することを考えると、必要最小限の知識があれば使えるものになっていないといけません。
 そういう意味で、webサイトもかなり一般人に浸透してきたサービスになりつつあるんだろうなと感じています。

 前回、NECのタブレットについて書いたのですが、今回は ASUS(アスースと呼ぶんだそうです。私はエイサスと間違って呼んでました)から新製品が来月日本でも発売されるとのアナウンスがありました。

 amazonでは早速予約を開始したようです。レビューを読んでみると、海外ではキーボードドックは別売のようです。キーボードだけであれば、bluetooth が使えますから特段必要ないっちゃないんですよね。それで安くなるほうが私は嬉しいんですが。日本向けだけ一体というのは、何故なんでしょうね。

 価格は598。非常に悩ましいところです。ipad2が32GBモデルで価格.comでみると最低価格が528ですから、キーボードが最初から付いていることを考えれば、それほど高いとも言えない。でもキーボードをなくして450程度で売ってくれると、即買いになるんですが。

 アンドロイドタブレットに関するHTCやASUSと日本企業の動向を比較してみると、日本企業のやる気のなさというか、腰の重さがよく判ります。もっと新しいことにチャレンジしないと、それこそ取り残されると思うのですが。非常にさみしい気がしますね。

 Apple 社のポリシーがあまり好きではない・・・私は ipad2 に見向きもせず、ipad ライクなアンドロイド端末が早く日本で発売されるのを首を長くしてまっています。そこで先日発表されたのが、NECの Lifetouch W(ちなみに写真はこのページにあります。
 これ欲しいんですが、ターゲットは一般消費者ではなくて『NECは主に企業向けの製品として展開し、電子書籍や新聞・出版サービス向けの閲覧用端末として、流通や小売業、医療、製造分野などでの書類表示や在庫管理・発注業務として、教育機関での学習端末としてなどの利用を想定する。』なんだそうです。

 確かに企業向け製品だと売上がある程度目算できますから、NECの戦略も判らないではない。iPad2の売れ行きを見ると、同じ土俵に上がっても負けると思ったんじゃと私は考えてますけど。でも、OSが Android2.2 ですから、アプリケーションはすでに Android Market にたくさんあります。また、2画面ですから、電子書籍を意識していれば、結構売上が伸びると思うんですが、どうでしょうか。

 東芝はヨーロッパ向けにアンドロイドタブレットを発売しました。正直あまり売れてはいないようなのですが、これも日本では発売していません。NECと東芝は、日本市場をどう見ているんでしょうか。なんか情けない気がしています。
 
 2画面という発想、誰でも出来るとは思いますが、実際に製品化できるのはどうしても大手にならざるを得ない。NECだからこそ発売出来たんだろうというのも理解できます。でもターゲット顧客が法人というのは、厳しい言い方になるかも知れませんが、「チャレンジャー精神」がないなぁと。
 そういう意味では、シャープやソニーがこんな端末を出してくれたら、一般消費者向けに発売してくれたんじゃないかと思うのは間違いでしょうか!?。

 一般向けに発売されたら、すぐにでも買うのになぁ・・・。

 ここ2・3日、体調が悪いせいで最低限のことしかできなくて、ちょっとブログが書けませんでした。腹痛がしてたんですね。尾籠な話なんですが、どうもこれは最近便秘がちで、ガスが溜まっていたせいなんじゃなかろうかと思っています。

 今日はすっきりしてまして、ようやくブログを書くことができます。で、気になったのがITProの記事『[CES2011]押し寄せるAndroidタブレット、電子書籍端末の台風の目に 』です。

 特にNECが出展していたという2つ折りの端末、これ欲しいなぁ。7インチディスプレイが2つあって、重さも530gということですから、いろんな応用が出来そうですね。口の悪い人は「ニンテンドーDSか」と言いそうですが。Youtubeに動画が上がっていましたので、それを貼り付けておきますね。

 産経ビズにも記事があって、その記事によると

30社超がアンドロイド端末を出展したCES会場での反応も上々で、多数の欧米の流通関係者などから、「早く欧米でも扱って欲しい」との期待感も聞かれた。西大氏は「かなりの手応えを得ており、海外でもどういった展開が可能なのか検討したい」と海外展開に意欲をみせる。
なんだそうです。
 でも、これってやはり海外先行なんでしょうか?。東芝にしたって、未だに国内で販売する動きが見えませんし。

 年内とは言わず、なるべく早く出してくれると嬉しいんですが。

 痛いニュースからなんですが、『ベテラン「仕事まだ慣れてないでしょ?業務後に話でもしよう」 新人「それって残業代出ます?」』というエントリを発見。でオリジナルはJ-CASTニュースの『「半人前で残業なんか気にするな」 もう古いのか』です。

 これらの記事で一番驚いたことは「就業時間内にするべき」で「残業代を出すべき」という意見が結構多かったこと。私の常識はおかしいということなんでしょうか?。
 営業職って、裁量労働制みたいに残業はつかないようにしていないんでしょうかね。記事を読む限りではそんな風にはなっていないようですが、30過ぎの男がこんな口の利き方しているようでは、ちかいうちにその会社を辞めてしまうんじゃないかと思いました。

 厳密に言えば、残業代がでない残業は労基法違反。だから就業時間内にアドバイスするというのは正解なんですけどねぇ・・・。
 50過ぎのおっさんから言わせると、「そんな使えないやつはクビにしてしまえ」なんですけどね。今の時代、クビにするにも結構大変な労力が必要ですから、やり切れないですね。

 痛いニュースにこんな記事を発見。『「監視カメラあると、職員の士気が失われる」 日本郵政、32億円かけて全国の郵便局内の監視カメラ撤去
 慌てて、ニュースソースを見てみたら、産経新聞の記事『32億円かけ監視カメラ撤去 郵便局内「士気失わせる」』でした。

 一体全体、何考えているんでしょうか???。たちの悪い冗談かと思いましたが、どうも本気のようですね。金融機関に監視カメラがなくてどうするんでしょうか。金融機関でなくても、コンビニにはちゃんとありますよ。コンビニで働く人たちの立場は???。

 百歩譲ったとしても、監視カメラの電源を入れなければいいだけの話です。なんで撤去するんでしょうか。もう情けないとしか言いようがありません。痛いニュースには

【社会】横領相次ぐ日本郵政...郵便局やゆうちょ銀行で被害総額14億6千万円
1 : ◆SCHearTCPU @胸のときめき▲φ ★:2009/12/04(金) 22:05:22 ID:???0 ?PLT(12556)
日本郵政グループは4日、国内の3郵便局とゆうちょ銀行千種店(名古屋市)で、
顧客の貯金を横領するなどの不祥事が相次ぎ、被害者計103人、被害総額は
14億6000万円に上ったと発表した。

金融庁は同日、これに先立ち、グループ内のゆうちょ銀行、かんぽ生命保険、
郵便局会社の3社に対し、内部管理体制の強化や再発防止策の策定などを求め、
業務改善命令を出した。同庁による日本郵政グループへの行政処分は2007年の
民営化後、初めて。
発表によると、被害額が最も大きかったのは、郵便局長が07年7月頃から1年半に
わたり、31人の顧客から貯金の払い戻し金や保険の還付金を着服し、
計7億2000万円を横領していたケース。
別の郵便局では、局員が1992年ごろから約16年間にわたり、33人の顧客から、
生命保険の貸付金など計2億6000万円を着服していた。また、簡易郵便局長は
02年頃から約7年間にわたり、顧客31人の貯金の払い戻し金など約3億6000万円を
横領した。郵政3社は捜査中を理由に、局名などを明らかにしなかった。

同銀行千種店では、行員が03年から5年にわたり、国債の購入代金として、
顧客8人から預かった1億2000万円をだまし取っていた。行員はすでに詐欺罪で
立件されている。
いずれも、今年4月以降の顧客の問い合わせなどで発覚。簡易郵便局長が委託契約を
解除され、ほかの3人はいずれも懲戒解雇された。
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20091204-OYT1T01273.htm

とあるんですが、まさか、まさかですよねぇ。

これは悪質

| コメント(1) | トラックバック(0)  

 忙中閑有り・・・ではないのですが、久々にITMediaのページを開いてみたら、『風船が一瞬で破裂する、違法「レーザーポインター」とは』という記事を見つけました。

 中国製のレーザーポインタを売っていた業者が捕まった記事なんですが、風船が破裂するというのはどれだけ出力があるんでしょうね。それに

捜査当局の取り締まりを警戒してか、経営者は中国から偽造した「PSCマーク」も仕入れていた。店内から見つかった発送前の製品には偽造マークが張られていたといい、すでに「適合製品」として売られてしまったものもあるという。
とありますから、違法製品だと判っていて販売しています。中国ってこういう偽造はお手のものですからね、簡単に作っちゃいます。それも仕入れていたなんてのは・・・。

 中国製品って単価が安いですからね、うまく輸入してこちらの相場で売れば、「そりゃ大儲けさ」なんですが、さすがに安全基準からはずれた商品を売るってのは。もともと中国製品は「なんだかなぁ」というものが多いんですが、今回はこの業者が「何考えてんだか」でした。

 私は常々「太陽光発電だけじゃだめ、太陽熱温水とかと組み合わせないと」と言っているのですが、それを裏付けるような記事が日経ビジネスオンラインにありました。それが『太陽熱が示すガラパゴス化の危機』です。
 太陽電池の発電効率は数%です。それだけでは非常に非効率です。私は太陽熱の温水器とうまく組み合わせてなんとかならないものかなと思っていました。この記事では太陽光を集め、水を蒸気に変えて、蒸気タービンを回して発電するシステム。私はここまで大がかりなことは考えてなかったのですが、温水器とうまく組み合わせることができないかなと思っていました。

 太陽光を集めることができれば、確かに熱から何らかのエネルギー変換はより効率的になります。温水だけでなく、オイルを適度に暖めることができれば、オイルヒーティングも可能ですよね。今市販の温水器は冬だとあまり暖まりません。あの大きさで半分はオイルにして、熱が逃げないようにすることができれば、もっと効率的になるような気がします。

 誰かこのアイデアを商品化出来る人いませんかねぇ。お金は出せませんが、アイデアは出しますので。

 痛いニュースで『「寿司はサビ抜きで」 若者のワサビ・からし離れ進む...味覚が成熟せず成長か』というエントリーを見つけました。

 コンビニで売っている寿司のパックは確かにわさびは別になっています。これって面倒なんですよねぇ。多すぎるのはダメですが、やはりわさびは最初から入っていないと。回転寿司も抜くようになって来ているんですね。

 わさびは元々毒消しだったはずです。でもあの刺激がいいんですね。またわさびはちょっと甘いんです。マスタードや唐辛子より上品な気がします。
 元記事の毎日新聞では『若い世代は従来より、味覚が未成熟な状態といえるかもしれない』と書いています。まあ小さい頃は、コーヒーは砂糖とミルクがないと飲めなかったですし、ピーマンもあまり好きではなかったですから、刺激物に対する耐性というか、慣れていなかったと思います。それが年令と共に多様な味覚を感じることができるようになったんでしょう。
 私は中学までは結構好き嫌いがありました。でも高専時代、寮生活をしていたこともあり、かなり好き嫌いがなくなりました。なんせ食堂の食事を食べないと他に食べるものがないんですから。小遣いも少なかったですし、そんな贅沢は言ってられません。そういうこともあり、苦みや辛みに慣れていったんでしょう。
 今の子供たちには、そういう経験がないんでしょうね。親も無理矢理食べさせることもしなくなったでしょうし。嫌いなものを食べずに、好きなものを食べるということが許されるんですから。

 そういう意味で「味覚が未成熟」なんでしょうね。でもその原因が「ゲームやインターネットをしながらの『ながら飲食』の傾向もあり、味への関心が薄らいでいるのではないか」というのはおかしいでしょう。識者(味覚障害に詳しい冨田耳鼻咽喉(いんこう)科医院(練馬区)の冨田寛院長~)のコメントに「刺激物を避けたり、逆に辛いものばかり食べるなどの嗜好の偏りは、子どものころからの食生活を反映していると思う」とあるんですけどねぇ。

 どうも毎日さんは、なんでもかんでもネットを悪者にしたいようですね。

2012年5月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アーカイブ

お気に入りリンク

OpenID対応しています OpenIDについて

人気ブログランキング

最近のコメント

最近のトラックバック

Techonrati

Technorati search

» リンクしているブログ