twitterに関する面白い話

| コメント(1) | トラックバック(0)   

 今日、とあるところに応募書類を提出してほっとしていたら、他の人から私の書いたものじゃ全然足りないことが判って、ちょっと落ち込んでしまいました。

 で、事務所に戻って twitter をのぞいてみたら、面白いブログを発見しました。それが「村上福之の「ネットとケータイと俺様」の『なぜTwitterで何万人にフォローされていても一万人以上フォローしている人は カッコ悪い人なのか?』というエントリーです。

 常々私も不思議に思っていたんですよ。twitterって誰それがあなたをフォローしたよというメールが届きます(届かない設定もできますが)。で、どんな人かな?と思って読みに行くのですが、ほとんどtweetしてないのに、フォロー/フォロワー数が多い人がいるんです。始めたばかりだったらtweet数が少ないのも判るのですが、数ヶ月以上前にアカウントを開設して、フォロー/フォロワー数が数千もあるにも関わらず、ツイート数が2桁くらいしかない。

 twitterって、ブログの文字数制限があるようなものとも考えられます。ということは、そのtweetを見てみると、その人がどんな人かが見えてくるはずなんですね。ところが、tweetがないわ、自己紹介のところにもあまり書いてないわでは、フォローする気が起こらない。また、なんで私なんだろうとも思ってました。
 その答えの1つが上に上げたブログの文章なんですね。

 まだtwitterがこれほど流行っていなかったときには、フォロー/フォロワー数も重要なファクターだったんでしょうけどね。
 ちなみに、私もフォロー数よりもフォロワー数のほうが多いです。でもこれは不精者だからということが一番大きい理由なんですけどね。1000人超えてないですし。

 twitterで店の紹介するのはいいんですが、大手の企業だったらまだしも、小さな商店がセールや商品紹介のtweetばかりするのは如何なものかとも思ってます。tweetしている人が見えてこないと、私はフォローしたくない。極論にはなるとは思いますが、スパムメールみたいに思えてしまいます。また、過去のブログ記事を何度も紹介するのも気に入らないですね。

 とはいえ、マーケティングの1手法としてtwitterはまだまだ有益なものだと思います。上辺だけ見るのではなくて、本質的なところを理解しなくてはいけないというところでしょうか。

 

 
 ちなみにこのブログで紹介(?)している某ITの達人、名前を黒塗りしてあるんだけど、本の写真にある著者名を消してないから、すぐに誰だか判ってしまいます。
 早速私もその人のページを見に行ってしまいましたとさ。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.officedora.com/mtos4/mt-tb.cgi/422

コメント(1)

なるぅ~~。
納得しました^^

私も登録だけしてあったツィッターやっと
少し稼働しはじめました^^v

登録したとき水谷さん探したのに
探せなかったの・・・

でも、見つかってよかった^^

コメントする

2012年11月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

お気に入りリンク

OpenID対応しています OpenIDについて

人気ブログランキング

最近のコメント

最近のトラックバック

Techonrati

Technorati search

» リンクしているブログ