日本発技術が評価されない一因!?

| コメント(1) | トラックバック(0)   

 いつものようにブログ巡りを朝からしていまして、くっくりさんの「ぼやきくっくり」の『外国人から見た日本と日本人(14)』から「海外での日本人気@まとめwiki」に。
 そこから「フランスの日々」というブログにたどり着きました。

 このブログの内容がすべて正しいとは言いませんが、海外生活している日本人からの目というのは意識すべき点がたくさんあるんじゃないかと思います。その中で考えさせられたのが『日本色の付いた技術ではもう世界で勝てない』というエントリー。その中で「列島地図を捨て地球大の戦略を、日本語を捨て英語の仕様書を」と書かれています。
 これって、ある意味マーケティングの第一歩の話でもありますね。日本に使える技術があることを、まず「認知」してもらわなければいけないのに、日本語が邪魔になってその存在すら認められないという状況なんだと。世界に向けて情報発信しなければ、いつまで経っても世界からは認められないんです。
 じゃあ英語で発信すれば良いかというと、日本人の美徳である「謙遜」が邪魔をしています。謙遜が美徳であるのは国内だけなんだということを理解していないとダメ。

 ホームページだけでも日本語版と英語版の両方を作るべきなんでしょうね。ただ、英語のメールが届いてもスパムと判断されてしまい、商談にならないかも知れませんが。


 この「フランスの日々」というブログ、トラックバックができないようになっているんでしょうかね!?。URLがわかりませんでした。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.officedora.com/mtos4/mt-tb.cgi/300

コメント(1)

ご紹介ありがとうございます!

海外からの視点を与えられればなと思って「フランスの日々」を続けています。鵜呑みにすることなく、数多くあるブログの中で変わった視点として参考にしていただくスタンスがありがたいです。

このブログはトラックバックができないんです。トラックバックが実装されていないのはBloggerサービスの欠点なんですよね...他は気に入っているのですが。

コメントする

2012年11月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

お気に入りリンク

OpenID対応しています OpenIDについて

人気ブログランキング

最近のコメント

最近のトラックバック

Techonrati

Technorati search

» リンクしているブログ