やはりコピー&ペーストだけでは

| コメント(0) | トラックバック(0)   

 実は19日は私の誕生日でした。いやはや来年は大台にのってしまいます。年を取るのがやたらめったら早くなったような気がします。

 だからブログを書くのも間が空いてしまう・・・ということではないですが、3日も空いてしまいました。でその間何をやっていたかというと事務所サーバのセットアップ。インストール自体は先週終わっていたのですが、DNSとapacheが挙動不審でして。
 OSS研究会が終わった土曜日の夜、真剣に bind の設定ファイルを見ていたのですがわからない。この設定、あるサイトに書いてあるものをほとんど真似して書いてあります。違いはIPアドレスとかドメイン名くらいしかありません。サーバ本体からはlookupできるのに、外部からのlookupが refuse されているようです。こういうときにはググってみるしかありません。いろんなキーワードで検索してみたところ、原因が分かりました。
 あるパラメータの指定を localhost にしてあったんですね。ここを any に変えたらいとも簡単にlookupできました。参照したサイトをよく見たら、内部からしかさんしょうできないように設定してあるとの注意書きが。あらあらあら・・・(^^;。情けない話でした。

 もう一つの appache なんですが、403 Forbidden が出るんです。普通はディレクトリのパーミッションが間違っているとこういうエラーが出ます。でも何回見ても間違っていない。ところが vi でファイルを作成するとエラーがでない。元のマシンから rpm で圧縮したファイルをコピーしているのでそれが問題なのかも知れません。一応 chown しているので問題ないはずなんですが。
 一旦ftpで待避させておき、ファイルを削除してからPCからftpすると大丈夫みたいです。何故なんでしょうねぇ・・・(^^;。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.officedora.com/mtos4/mt-tb.cgi/202

コメントする

2012年11月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

お気に入りリンク

OpenID対応しています OpenIDについて

人気ブログランキング

最近のトラックバック

Techonrati

Technorati search

» リンクしているブログ